カレンダーの基礎知識|激安!2021年名入れ卓上カレンダー。人気商品が送料無料!

カレンダーの基礎知識

カレンダーとは?

カレンダーは、多くの家庭で、そしてオフィスや店舗で使われているものです。壁に掛けたり、テーブルやデスクに置かれたり、必ずと言っていいほど存在するものです。日付や曜日を確認したり、予定をメモするなどの用途で生活に必要不可欠といっても過言ではないでしょう。また、カレンダーは、七曜表(しちようひょう)と呼ばれることもあります。七曜とは、いわゆる日月火水木金土の一週間のこと。七曜は、今日の私たちの生活には欠かせないものとなっています。そして、カレンダーの機能は、日付・曜日などが整理して表示され、簡単に確認できることです。日付・曜日の他にも、祝祭日や六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)などが記載されているものが多くなっています。カレンダーという名称は、ラテン語の「kalendae」から来ているそうで、「kalendae」は毎月の最初の日という意味だそうです。

カレンダーの種類

カレンダーには、大きく分類して2つの種類があります。壁に掛ける「壁掛けカレンダー」とテーブルや机の上に置く「卓上カレンダー」です。「壁掛けカレンダー」は、1枚に1か月を表示したものが主流ですが、1年を1枚に表示したポスター型のカレンダーや、日めくりや週めくりといったものもあります。遠くから見ても日付が良く見え、一覧性に優れた商品や、メモ欄が広く取られ予定を書き込むことができる商品が人気です。「卓上カレンダー」は、1枚に1か月を表示したものが主流です。個人のデスク上に置かれることが多く、壁掛けカレンダーは家庭や会社全体の予定を書き込むケースが多い一方で、卓上カレンダーは個人の予定を書き込むことが多い商品です。卓上カレンダーも、メモ欄が広く取られ予定を書き込むことができる商品が人気です。また、最近はあまり見なくなりましたが、ひそかに人気なのが、日めくりカレンダーです。日付・曜日・六曜に限らず、故事ことわざ慣用句・月齢・潮の名称・二十八宿などが入ったものが多く、一日一枚めくることが楽しみになる昔ながらの商品です。

カレンダーの用途

カレンダーは、日付や曜日・お日柄などを確認したり、予定を入れたりすることに用いることが基本的な用途です。最近はスマートフォンの予定表も普及していますが、やはり、書き込んで見える場所に置いておきたいという人は少なくないのです。また、1か月が一枚になっている一覧性から「来週の〇曜日は〇日」や「今月もあと〇日で終わり」など、即座にわかることも人気のヒミツです。スポーツ選手やアイドルなどの著名人、アニメや映画のキャラクターや絵画・写真などが挿入されている市販カレンダーを購入したり、手帳の中に印刷されているなどあらゆる方法で入手することができます。また、企業や商品・サービスの宣伝や販売促進のためのノベルティグッズとして配布されることも多くなっています。そこで便利なのが、名入れカレンダーです。メーカーの既製品に後から名入れのみを行うことで、企画・デザインなどのコストがカットでき、お手頃な価格で購入が可能です。